ジンギスカンを始めて食べたのは、就職したての会社での北海道社員旅行。
ツアー団体用のBBQ風で美味しかったというイメージはありませんでした。
その後、何度か挑戦しましたが、やはり牛派でした。
しかし、10数年後の北海道出張の接待でいただいたジンギスカンが忘れられない美味しさ。
きっと自身の味覚も変わったのだと思いますが、それ以来ジンギスカンにハマってしまい、ネットショップが容易に使えるようになった現在、お取り寄せグルメでお得なジンギスカンセットが出るたび、お試しで購入しています。
今はふるさと納税などで野菜もセットになったものが種類豊富にお取り寄せグルメとしていただけるので、このサイトで定期的に購入しています。
牛や豚よりもヘルシーで、少しある独特のの臭みがちょっとくせになります!

ジンギスカンにハマって約10年。
今ではネットで簡単にお取り寄せグルメとして購入できるようになりましたが、インターネットショップが普及する前までは取り扱い業者さんを見つけては電話をかけて注文したものです。
本場、といえば北海道のイメージがありますが、昨年内モンゴルに旅行に行った際に、現地の方々が彼らの家畜である羊を捌くところから披露して下さり滞在期間中の私たちの食糧として供給してくれました。
実は来客をもてなす歓迎の意味が込められた料理だそうですが、彼らにとっては本当はあまり良い儀式ではないとも聞きました。
普段からスーパーでお肉が簡単に買える私たちは実際にさっきまで生きていた羊が裁かれテーブルの上に並ぶまでを全て傍観しているだけでしたが、”命をいただく”という大切さを改めて感じたひと時でした。
これからもありがたく頂きたいと思います。