もう、今更感は満載かも知れませんけれど、カバヤの「あっさりショコラ」が美味し過ぎて、ダイエットを放棄したくなるぐらいのレベルです。

カバヤの「あっさりショコラ」は袋入りのチョコレート菓子ですよ。アルファベットチョコレートと思い浮かべてみてくださいな。「あっさりショコラ」はそのような大袋入りのチョコレートです。

ですから会社でもいつの間にか、デスクの上に配られていたり?といったような仕事の合間の息抜きおやつ的な意味合いは、結構大きなものですよね。そして、この「あっさりショコラ」が美味し過ぎてしまったのです。

口どけがやわらかいのですよね。一口サイズチョコって、部屋が温か過ぎない限りは、たいてい硬めにつくられているじゃないですか。けれども「あっさりショコラ」の場合は、触感がやわらかいのです。ちっとも硬くないのですよ。

ですからもう、「あっさりショコラ」やみつきですね。チョコレートってなんだかんだ言っても、味よりも口当たりだったりするじゃないですか。適度に柔らかいチョコレートほど、美味しく感じてしまう?といったように。

そして「あっさりショコラ」の場合は、この「適度に柔らかいチョコレート」なのですよね。値段も味自体もいたって普通な一口サイズチョコレートではあるのですが、しかし口当たりですべて買ってしまっているような感じです。

ですからもう、「あっさりショコラ」をひとつ購入してしまいますと(ちなみに大袋ですので)、なくなるまで食べ続けてしまいますので、ちょっとヤバい…という状態ですわ。